自動車教習所の1日の教習時間は?どのくらいの期間で取得できる?

image

免許を取得するために必要なが学科や技能時間と制限について


車の免許を取得する際には、まずAT限定もしくはMTのどちらかを選びます。また、学科や技能には、第一段階と第二段階があり、第一段階の試験に合格して第二段階へと進みます。ATの場合、第一段階の学科に必要な時間は10時間、二段階で16時間、MTの場合には第一段階を12時間第、二段階では18時間必要になります。また、実技ではATとMT共に第一段階を15時間、第二段階を19時間必要です。

教習所での学科教習には基本的に1日の制限時間はありません。しかし、学科の教習は時間が決まっているので、教習所の学科スケジュール内であれば何時間受けても問題ありません。ただし、技能教習には1日に受けられる教習時間が決まっています。実技は第一段階では、2時間第、二段階では3時間までの制限が決められているので注意しましょう。

免許を取得するまでの期間


基本的に実技教習の1日の時間は上記の通り決められているのでATでは最短で13日、MTは15日となっています。また、実技が1日に受けられる時間が決められているので当然残りの時間は学科を受けておかなければいけません。基本的に実技は予約制を取っているので予約を順序よく取れる事が最低条件です。 最も安定して最短で取得できるのが合宿です。合宿では予め実技などのスケジュールもきめられているので最短で14日以内に免許を取得できます。しかし、合宿は短期間で集中的に実技や学科を受けるので仕事や学校などを合宿期間中休む必要があります。免許の取得をする際には事前にスケジュールを組み、実技と学科を効率よく受ける事が最短で取得できる方法です。