気をつけておきたい車の合宿免許の短所とは?

image

短期間で免許が取れるからこそ注意が必要


車の合宿免許というと、比較的安く短期間で免許が取れるためすぐに免許が欲しい人には喜ばれる印象があります。通常であれば短くても1カ月弱かかるものが、合宿であれば約半分の2週間ほどで終わります。裏を返せば、通常の倍の速さで教習を受けるということです。そのため、運転の方法だけでなく、交通ルールなどの学科についてもしっかり勉強しなければなりません。

合宿の紹介ページなどを見ると楽しそうなことがいろいろと記載されていますが、当然やることはきちんとやらないと免許を予定通りの日程で取れなくなります。ただし、合宿でもそれ以外でも運転免許を初めてとる人であればそれなりの勉強をしないと合格するのは難しいものなので、どちらにしろ努力は必要になります。

個人の性格によっては合わないことも


各教習所の合宿プランによっては、相部屋で他の教習生と共同生活をしなければいけないものもあります。人と接するのが好きな人やコミュニケーションをとるのがうまい人にとっては楽しいメリットになりますが、反対に人と接するのが苦手な人やそもそも気の合わない人と一緒になると合宿期間の間ストレスの原因にもなります。教習所によっては、相部屋以外のプランを用意しているところもあるので、共同生活に不安がある場合はそういったプランをおすすめします。

以上のように、合宿免許だからこそのデメリットというものがあります。ただ、始めに述べたようにすぐに免許をとれるのは大きなメリットです。また、気の合う人と出会って楽しい思い出が作れることもあるので、勇気を出して申し込んでみるのもいいでしょう。